金型は、近代の日本経済の発展を支えてきた、精密技術の結晶といっても過言ではありません。
 多田精機では、この金型づくりの専門メーカーとして、早期より製造システムを数値制御に置き換えたNC機器を導入し、人の手では出来ない高精度な金型づくりを推進してきました。
 そしてそこには、妥協を許さないクラフトマンシップと、最先端の金型づくりを究める技術者魂が同居した、当社独自のヒューマンウェアがいきづいています。
 それによって、私達は産業のあらゆる分野でそのクォリティを支え続けているのです。